ご挨拶

人生の行きがかりといいましょうか、青春時代に「出会った」戦火のベトナムと、改めて人生の中半から、第二の故郷の様に共に歩むことになりました。それも広告やPR、マーケなどの「やや軽め」の今までの分野から、学究の父親の代を引き継ぐわけではないけれど、教育の分野に携わることとなりました。
ベトナム国は、穏やかだけれど、元気な若者たちで溢れています。漢民族の末裔ではあるけれど、大乗仏教や道教なども日本と通底する、言い換えると日本人に理解できる、どっか親しいメンタリティーの持ち主たちであります。
 
日本の人口があと40年もしますと8000万人台、つまり労働人口で見ますと6500万人の現在から4500万人に激減してしまうようだ。太平洋戦争に突入時の日本人口が6000万人だそうだから、それに一気に近づくことになる。
さて2000万人も減ってしまう労働人口をどうするのか。ロボットも良いだろう、女性の活用(本質的な解決必要だが)もいいだろう、が、ほどよく小型化する国勢を一定程度良しとしたうえで、対処するにもやはり、優秀な国際人の登用が必須とならざるを得ないであろう。その際にも、ベトナム人の活躍を目にしているだろう僕らは、しこうして彼らに感謝していく時代を迎えそうである。
ベトナム人との出会いをお早めに!
茶化しているわけではない、本気の本当のお付き合いを始める切っ掛けは難しくないですよ。
 
阿部正行 2015/12/01

 

経歴

■ 1948年
(昭和23年)宮城県仙台市生まれ
1967年
3月宮城県立仙台第二高等学校卒業
1967年
4月に早稲田大学第一法学部入学
 
■早稲田在学中の70年より東映、リクルート本社(就職情報・出版・PR映像)、ダイヤモンド・ビック社(地球の歩き方、就職情報、ドキュメンタリー映像製作)等を経て独立し、エルフロント社設立
 
1993年2月にマーケティングの仕事で初めてベトナムの土を踏む。その間に日本では早稲田大学で大学の知財本部・インキュベーション(学生ベンチャー)関係の仕事も
■2004年
10月にNPO法人 VCI人材戦略研究所を設立
■2005年
ハノイVCIアカデミー設立

 

*フェースブック

www.facebook.com/masayuki.abe.7315

*ブログ「阿部正行のベトナム私信」

vciat.blogspot.com/

*「日本語を学んでサムライになろう」本:

www.facebook.com/Samuraivietnambook/?fref=ts